Φ秘密基地Φ【"残虐騎士"亜II死の偏見】
このブログはかなりの偏見に満ちた内容ですので、予めご了承願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆かけ橋☆
正月のヒマな時間にすることの一つにビデオの整理がありました。

なんせ、パクられたり入院したりで、ラベルに何も書いて無いものは中身がわからないまままとめてあったり、ラベルが書きかけのままだったり

全部整理しました




んで、今年、ってかもうすぐ終わるライダー、キバも毎週録画してるのに全然見て無かったんで、2日で全然見ました。

46話ほど(笑)



ムチャおもろいんですね



ちょっとマニアックな話になるけど、去年のライダー、電王はデザインはカッコ悪かったけど、話はおもしろかった

ってか、かなりの名作やったと思う

けど、ライダーとして、では無く、単純に話がおもしろかったし、たくさんの脇役が、みんな良かった



その前のカブトはデザインはカッコいいし、話もライダーっぽいけど、少し、薄い気がした。



その前の響鬼まではそんな不満は俺には無かったけど。(もっとマニアなみなさんは違うだろうけど)



キバは良い



デザインはカッコいいし、話がおもしろいし、ライダーっぽい



新しい要素として、話が2008年と1986年を平行して2軸で描く方法をとってるが、これもわかりにくくなく、しかし、謎の提案、謎解き、さらに、先の謎へと、うまく機能してると思う。





ところで、俺が言う、ライダーっぽさってのは何だろう



デザインはやはり、目と触角、口、腹筋、バイクなんかでイメージ的なものだけど、キャラ的には



ライダーは孤独で無ければならない。



精神的に、である。



初代ライダーはショッカーの改造人間の手術途中、体は強化されたが頭を改造される前に逃げたのだ。



ショッカーは人類の敵だが、ショッカーの力を身に付けたライダーがショッカーと闘っているのだ。



つまり、仮面ライダーは心は人間、体は別の種であり、ハーフなのである。



昭和の仮面ライダーは



人類対人類の敵=正義対悪



だったけど、それは嘘だ。



正義というのは、立場が違えば悪にも変わる。

戦争なんて、どちらも自分を正義、相手を悪と考えないとやってられない。

だから大義名文が欲しいのだ。





平成からの仮面ライダーは



人類対人類の敵=人類対他の種族



とし、ライダーはそのハーフであったり、それに類する存在であり、だからこそ、ライダーは、人類と他の種族とのかけ橋となる希望を持ち、お互いが共存出来る世界になることを望み、苦悩しつつ、自分の答を探し、闘う。



孤独なヒーローなのである。





余談だが、俺が好きな仁侠映画にもそういう要素がある。



在日朝鮮人が日本で差別を受け、日本人を差別し、一生懸命生きている、そんな侠が戦後多かった。



日本人とフィリピン人とのハーフもそうだ。



人種差別とか、国境間の争いもバカらしいし、単純に転校して来た人間を差別するのも、川の向こうの出身とか、自分と違う見掛けなんかで差別するのもおかしい。



心が、魂が、大事だろ



俺はそう思います。
コメント
>月光影さん
かなりのマニアの方ですね(笑)
2009/01/08(木) 13:08:52 | URL | 亜II死 #-[ 編集 ]
昭和のライダーは
こども向け 平成ライダーはギャルママ向け
2009/01/07(水) 05:02:01 | URL | 月光影 #OARS9n6I[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。