Φ秘密基地Φ【"残虐騎士"亜II死の偏見】
このブログはかなりの偏見に満ちた内容ですので、予めご了承願います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦国自衛隊
ケーブルで日本映画「戦国自衛隊」の2005年版が放送されるので見た。

面白かった!



自衛隊の部隊一つが演習中に戦国時代へ飛ばされてしまう事故が発生。

現代に現れた亜空間の裂け目は歴史が変わる事に呼応して大きくなってゆく。

主人公達は、人類の未来と仲間を救う為に戦国時代へと向かうが、彼等を待ち受けていたのは…





と云うストーリーだが、単純に役者が良い。

腹にイチモツありそうな戦国武将を伊武雅人、

武骨で信念の男、的場浩司、

島大輔演じる隊員、

科学者を演じる鈴木京香。

彼女は若い頃には仕事が出来る美女といった役が多かったが、最近は女のエロを出す嫌味な役もこなし、幅が広がったなあと思ったけど、この映画ではエロさは持たない、キャリア指向、でも強くはない女性を演じてた。

凄いなぁと思った。





問題は江口洋介演じる主人公と、彼の尊敬と敵対心が入り乱れる元上官、鹿賀丈史。



主人公は、熱血漢でもなく、至って普通の男。

だから、単純に、今の世の中を守りたい。



それに対し今の世を変えるには過去からと戦国の世に拘る、元上官。



視聴者は主人公に感情移入するのだろうが、元上官の事を憎い、悪だ、と簡単には片付けられない気持ちもあるだろう。



軍人と武士。



福岡でも城は武士の手から陸軍へと渡った。



武士と軍人。

相反するものだと思ったが、似た所もあったのかも知れない。

武士らしさとは何か、はっきりとはわからない。

が、もし武士らしさの中に

「命に変えても上様に仕える」

のがあるならば。

俺の頭の中には近藤勇がいた。



もしかしたら年配の男性の中には、戦国の世に生きようとする男についていく行き方を選んだ男達の気持ちが分かる人が多いのかも知れない。
コメント
レス
>月光影さん
今度は旧作も見ますね!

>すぎさん
ドラマもですか!!
リングみたいですねー。
2007/07/20(金) 04:10:41 | URL | 亜II死@Φ秘密基地Φ #O/f9cIL2[ 編集 ]
映画は、二つとも見ましたd(^-^)

あと、二時間ドラマでもやってましたね。反町が出てたかな、たしか。
2007/07/20(金) 00:10:23 | URL | すぎ #-[ 編集 ]
自衛隊は、
電車に乗ってた?
本性丸出しの渡瀬恒彦 と犬死にの鈴木ヒロミツ
秒殺の若侍薬師丸ひろ子
スタントだけ真田広之
昭和版のが能書きないぶん 萌えます 短所でもありますが 角川の。
2007/07/19(木) 18:45:12 | URL | 月光影 #OARS9n6I[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。