Φ秘密基地Φ【"残虐騎士"亜II死の偏見】
このブログはかなりの偏見に満ちた内容ですので、予めご了承願います。
2007/07/30(月)・晴
今日は休み。。

見てないDVDを見てた。

中にはDOKKENのBack for the Attackリリース時のライヴもあった。





俺は中学、高校生の頃からDOKKENも大好きなバンドの1つでよく聞いてたけど、ライブ映像見て

「あれー?」

と思った。





俺はDOKKENの再結成第1弾のときのDRUM LoGoSでのライブを見ている。

DOKKENは曲が好きだったし、ジョージ・リンチのギターの音、ソロやアルペジオも大好きだった。

しかし、DRUM LoGoSで見た時はジョージの弾くギターは

「タイガー」

でも

「カミカゼ」

でも

「ミスタースケアリー」

でも

「ミスターグラフィック」

でもなく

「サンバーストのレスポールスタンダード」

だった。





まずは

「??」

音を聞いて

「歪み足りないよ~(泣)」





もうギターは楽しみではなくなった。

が、往年の名曲を楽しんでいた。





そんなほろ苦い記憶がある。





今日はそのDOKKENが1番いい頃のライヴDVDを見てる。

でも、やっぱり残念だった。






ジョージのソロのテクニックは凄いが、フレーズはCDの方が良い。

ソロ以外のリフは粗いし走っててヘタだった。

ムチャクチャ上手いって思ってたから残念だった。







でも改めて見直したのはドラムのミック・ブラウン!!

彼は上手いね!!音もデカイし!!

もっと他人のレコーディングに参加して音源を残した方がいいんじゃないか??

と、思ったりした。





自分の過去のライヴ見て

「良くこんな事出来てたなー、今は出来ないし」

とかは全然思わなかった。





だって多分、あと半年もすれば出来るもん。

この先なんも出来んわいとはもう思わないからね。

すぐには出来んけど、出来ない事を1つずつ順番に可能にしていけば必ず昔出来た事はまた出来る様になるだろう。

焦りは禁物、順番にやればいい。






ギター弾くのも大変だ。

右半身の麻痺と戦いながら弾く!!

ギターを弾くと、咳が出る。

つまり、めまいとも戦いながら弾かなきゃいけないんだよ。

立って弾くにはさらにめまいとも戦わなくちゃ。

また、声を出すと咳が出る。

いろいろ大変で体はキツイけど、それが当たり前なんだろ。

みんなこんな病気克服してるんだから、俺にも出来るはずだろ。
2007/07/29(日)・晴
今日も晴。

梅雨明けしたら毎日天気で良いね。

暑いけど良い。




今日は出勤したら甘いゴミがあったので、パクパク。

ん~、まいう~♪(^o^)





昨日、necronomiconのBa.九魔といろいろあったけど、結局和解。

だけど、しばらくはnecronomiconを一緒にやることはありませんよ。

まず最初に、当たり前な事に、俺は病気のせいで無理です!!(笑)






俺は8月~10月の間、リハビリでREBEL ARMYのshougoとスタリハを行い、11月からは俺の新バンド「BRUTALKREATUTE」を始め、12月にライブをします。

俺は喉のダメージが思いのほか酷いので、まずはギタリストとしての復活を目標にしたという事です!!





九魔は長年構想してきた自分の新バンドを始めます。





しかしnecronomiconは解散したわけではありません!!

その時が来れば必ず復活しますので!!





それまではみなさんが、それぞれの新バンドを楽しんでくれる事を願います!!





今日のスタジオは夜が早くヒマになったので、週明けのために掃除掃除。。

これで火曜はラクになるでぇ♪





またもニペンジのスタリハを相当長く、チラ見、いや二度見(笑)。




途中、少しだけドラムを叩いたら、ダイスケが笑ってギャーギャー言ってる。

なんだろうと思ったけど、ドラムのマサルよりも俺の方が音がかなりデカイらしい。




俺はギタリストだからドラムの練習はしてないし、右半身はまだ麻痺が残ってるんだよ(笑)

マサルくん、ダイスケに怒られてたけど、頑張ろう!!




さて今日も夜が更け今週も終わり。

明日は休み。

ギター、作曲、DVD鑑賞といろいろやることが出来たよ♪




そうそう、今日スタジオにマジョリエ姐さんが来て話した結果、8/4に車で送り迎えをしてくれるそうで、ロゴスでのCreatureofsequentialdigitalnoizZのイベントには打ち上げだけ参加出来る事となりました!

ありがとうございやーす!!

ご好意に甘えさせて貰いまーす!
2007/07/28(土)・晴
職場である音楽スタジオ「the sound track」に導入した、セルフ8ch一発録音システム、完成したようだ。

数回、色んなバンドさんに手伝って貰い試し録りをしてゲイン、コンプ、ゲート等を調整していたのだが、もう大丈夫な感じ。

試しに、うちでマルチレコーディングした作品と比べてみたけど、相当良い。

で、タダだぜ??

普通にスタジオ練習の代金と同じままだぜ??

よく出来てると思うよ、ホントに。




今は火曜日から日曜日までの6日間は働いて帰るだけ。

それでもお金は稼げるし、スタジオに居れば色んな人がバンドやってて、その人達が頑張ってたり、良い結果が出たり、それを見てるだけでも幸せだ。

もうオレがバンドとか出来なくても1つの生き方を続けて行けるんだと思ってる。

でも可能性があるなら、またバンドを出来る様になれば良いから、それに向かって頑張ってみよう。

そう思って行動に起こし始めた。





この先は本来、書く必要が無かったのだが、俺の弁明を残す必要が出て来たので、ここに残しておく。





ネクロノミコンを再び動かす為にスタジオリハーサルを行なわなくてはいけない。

だが、ドラマーのta98が動けなかった。

ならばヘルパーのドラマーで動けないかと考え、ベーシストの九魔に直接話した。

彼はそれを断り、自らの新バンドに着手していると言った。

俺はそれについて否定的意見を言わなかったし、それを受け入れる事にした。





その話とは別に、俺は今年12月に行なわれる友達のバンド、「CreatureofsequentialdigitalnoizZ」のイベントに以前から出演する事になっていた。

俺はそのバンドでギターを弾いていたから。

10周年と言う事で、関わった人間は全員出演することになる為だ。





しかし、俺がそこに出るためには問題がある。





曲は同じなのに、俺の時代だけチューニングが違うからだ。

ならば俺が新しいバンドを作り、そこにそのバンドのボーカルを入れればイベント的に楽しくなる。





バンド名はそのバンドでの俺の名前、「BRUTALKREATURE」しかない!!





だが、俺はまともに声が出せる状態ではないし、まだめまいが治ってはいないし、右手が以前のようには動かない。





しかし、スタジオの中でデカイ音で生ドラムに合わせてギターを弾かないといけない、機材を運んでセッティングしないといけない、家で弾いているだけでは治らないと感じたのだ。

そこで後輩のshougoに2人でスタジオに入る事、つまり、リハビリを手伝ってくれと頼んだ。

快く引き受けてくれた。





そして次の日に、12月のイベントの事を話し、そこに出る事が可能かを尋ねた。

結果、そこまで協力してくれる事になった。





こうなると話は早い。

ボーカルもすんなり了解。

ベーシストには以前なら九魔を考える所だが、それは無理。

ならば今近くにいる(いろいろと理解してくれる)ダイスケしかいなかったし、そうすんなりと決まった。

同じ職場なので時間的な事を調整しなければいけないが、きっとうまく出来るだろう。





それに、バンドとしてスタジオリハに入るのは11月だから、それまでの3ヶ月間で、俺も結構回復出来ると予想している。





と云う流れで俺の新バンド、「BRUTALKREATURE」は生まれる事となったのだが、今日は九魔のブログを読んで失望した。




俺が相談しなかったので納得しかねるとあった。




俺は彼に断られて、彼が自らの新バンドに向けて動いていると直接聞いて「BRUTALKREATURE」結成へ動き出したのにな。

理不尽だなとは思うが、別に彼を責めようとは思わないし、自分の道を進んで欲しいと思っている。




また俺は思うようにギターを弾いて自分が信じる音楽を、ロックを、ヘヴィ・メタルを作りたい。

自分の思いを言葉にして歌いたい。

ステージで躍動したい。

ただそれだけを望んでいる。
2007/07/27(金)・晴
毎日暑いですwww





今日は出勤時に、歩道を塞ぐようにカップルがチャリで並んでゆっくり平走。





俺、先に行きたいんやけど…




頭来た!!




「こら貴様ら並んで走んな、どけコラ。」




そのお兄ちゃん、全くの平然とした態度で道を譲るが、謝罪も文句も言わず。

俺はそのまま仕事へ。

こんなボンクラの為にチコクやら出来るか!!

ホントは誤らせたいけど、時間無い。






俺は大声で文句言って、相手は何も言わんかったから、きっと相手の方が悔しいだろうと納得することにして、スタジオに新しくついた強力なクーラーを全開にして

「あーすずしー♪」

汗、ダラダラやから、毎日。。

タオルで汗を拭き拭き。。





掃除してたら今日もゴローが来た。

毎日くっちゃべってる。




仕事は毎日同じ感じ。

よく考えたら、今月始めて仕事に復帰した時よりも普通に掃除出来てる。

室内のPAに結線したりするのも普通になってきた。




でーも!



良くなって来た事は気にならなくなり、まだ出来ない事だけ気が付くんだよ、別にネガティブ志向の結果じゃなくてね。

だから時々、

「これは前はどんな感じだったか、オレ??」

と、思い出さなきゃいかんのですよ、メンドクサイ…orz




で、同僚のダイスケが中古CD店で発見し購入して来た

EZOの2枚「E.Z.O」「FIRE FIRE」と、モーニング娘。の「ベスト!モーニング娘。1」を借りてコピった。

EZOはテープしか持ってないから(すげぇだろ)でも、あんま普通だよなぁ。

娘。はね(笑)

懐かしいだろ、LOVEマシーンやら抱いてHOLD ON ME!やら真夏の光線だぜ??

サイコー!!(笑)




誰かカワイイ娘、オレの為にカラオケで振り付きで歌ってくれよ♪(笑)
BRUTALKREATURE
BRUTAL_2005.jpg
BRUTALKREATURE(ブルータルクリーチャー)。

これが俺の新しいバンド名だ。




驚いた人も多いだろう。




こうすることを選んだ理由は

①俺がボーカルを再び取れるようになるには、かなり時間がかかる

②ネクロノミコンのドラマーta98は今、動けない

からだ。




どちらか1つならば違う選択があったけど、この2つの問題をクリアする為だ。




BRUTALKREATUREで俺はギタリストとしてのみ。

ボーカルはVOXKREATURE閣下(CreatureofsequentialdigitalnoizZ)。

ドラムはshougo(REBEL ARMY)。

ベースはまだ秘密(笑)。

たぶんアイツだけど未定。

無理が無ければだけど、多分大丈夫かな??





で、まずは8月から俺とshougoでスタジオに入る。

で、ライブ前に初めてBRUTALKREATUREのメンバー揃ってのリハを数回。





今年は、俺の長年の友達と死んだ友達のバンド

CreatureofsequentialdigitalnoizZ(クリーチュアオブシークエンシャルディジタルノイズ)の10周年。

その記念イベントライブは12月に行なわれる。

そこが俺の新バンド、BRUTALKREATUREのライブデヴューかつ、俺のライブ活動復活。

ここでCreatureofsequentialdigitalnoizZの2曲をうちらバージョンで披露。

そして新曲を3曲用意。

これでライブをやります。




元々、BRUTALKREATUREとはCreatureofsequentialdigitalnoizZでの俺の名前。

残虐騎士とBRUTALKREATUREは対の名前。

武藤敬司とグレート・ムタのようなもの。

当然、真っ白にメイクします。




今年はこういう形で、ゆっくりだけど少しづつ確実に進んで、復活に向かいます。

shougoにリハビリを手伝って貰い、新しい曲を作り、既存の曲のアレンジをしてステージを動き回ります。

で、酒を飲みます。




そしたら次はnecronomiconを復活させます。
2007/07/26(木)・晴
今日の始まりは高校生の女の子バンドから。

ちょっとややこしい感じでの利用だったけど問題無し。

若干、押し売りになってしまったかな??

でも当人たちは問題無かったので良かった(分かりにくいけど、大した事無いんだよ/笑)。




ゴローが来てわいわい喋った。

奴が1階で楽器のカタログを読んでる時に、俺は2階を掃除しながら大きな声で

「○ボ○○せ」とか

「○ボ○○だ」とか大声で叫んでた。

時々むせそうになるけど、少しづつ声は回復して来てるのはわかる。

けど、まだまだや~。




今飲んでいる漢方やらミミズやらのカプセル(怪獣じゃないよ)がスタジオに届いた。

偶然、持ってきた配達の人がHR/HM好きで、俺がかけてたHARD LINEに反応してた。

ちゃんと、ニール・ショーンとディーン・カストロノバのバンドって教えてやったよ。

ジャーニー話もした(笑)。

私40歳なんですけど、やっぱこういう音楽いいですねと嬉しそうだったので、

「いくつになってもガンガン聞きましょうよ!!」

というとニッコリ笑って帰っていった。




今日もスタジオはいつもの顔見知りの人達でいっぱい。

ゴロー、てのひら、海里、浦川君、もり太の「凄組」も来て

「よーい」

「よーい」

と、いちいちうるさい(笑)

「やまもとくーん」

うるさいわい、ウツノミアくん!!




そのあとは同僚のバンド、「ニペンジ」のリハ。

ヘルパーの海里の引っ張りもあり、楽しくやってるようだ。

がんばれ。